menu

トップページ > 戸建て住宅にかかるランニングコスト

戸建て住宅にかかるランニングコスト

マンションから戸建て住宅に引っ越した場合、毎月の管理費や修繕費、駐車場代がなくなったと安堵している方が多いでしょう。

たしかに毎月の不安は軽減されましたが、戸建て住宅の場合でも油断はできません。

今回は、戸建て住宅のランニングコストについてご紹介します。

 

チェックポイントその1「戸建て住宅にかかるランニングコストとは?」

住宅に住み続ける以上、それに対するランニングコストはかかります。

そのコストの種類として、毎年発生するものと、変化と共に発生するもののいくつかがあります。

・固定資産税

毎年発生するもので、建物や土地を対象に税金の支払いが発生します。

支払い義務は1月1日時点の所有者となり、ランニングコストの中でも重い項目です。

・保険料

火災保険や地震保険には、万が一に備え加入することをおすすめします。

特に火災保険は、住宅ローン加入時に条件となるケースが多いでしょう。

補償内容や保険会社により金額は異なりますが、戸建て住宅は災害に弱い一面もあるので、しっかり入っておくべき項目です。

・修繕費

マンションと大きく変わるポイントですが、戸建て住宅の場合は完全に個人の管理です。

建物の劣化に対して早めに対策をすれば、少ない修繕費用で長くキレイに住み続けることができるでしょう。

しかし、その管理ができていないと、結果マンションよりも総合的な費用が掛かる可能性があるので注意しましょう。

・都市計画税

住まいの地域によっては、固定資産税と合わせて都市計画税が発生する場合があります。

東京23区の場合は、都税とされています。

 

チェックポイントその2「ランニングコストを押さえるポイント」

戸建て住宅でもいろいろかかるランニングコストですが、押さえるポイントもあります。

・住宅ローン控除の活用

一定条件を満たすことで、所得税額から免除されます。

・建物のこまめな修繕

こまめな修繕で結果修繕費を押さえることが可能。

・リフォーム費用を押さえる

リフォーム費用は複数の業者に見積もりをとり、安く済ませる方法なども相談しましょう。

 

チェックポイントその3「マンションと比べると?」

気になるマンションと比べると、長い目で見ても戸建て住宅の方が安く済む傾向です。

ただし、マンションの中でも駐車場代が掛からない、または非常に安い場合はその差は大きくないでしょう。

さらに、修繕の仕方次第では、マンションのランニングコストを上回ってしまう可能性があります。

 

 

戸建て住宅は、マンションよりの毎月の支出が押さえられますが、長い目で見て総合的に費用を押さえられるかは、個々の管理の仕方に左右されます。

日々の手入れを細かく行い、できる限り長くキレイに保ちましょう。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top