menu

トップページ > あこがれの吹き抜け!メリットとデメリットとは!?

あこがれの吹き抜け!メリットとデメリットとは!?

住宅デザインの中であこがれを持っている方が多いのが、開放感を出すための「吹き抜け」かと思います。

吹き抜けは、1階部分と2階部分を縦につなげた住まい空間の仕様を言います。

天井高を高くとることができるため、家の雰囲気を大きく変えることが可能です。

今回は、吹き抜けにすることで、どのようなメリット・デメリットがあるかご紹介します。

 

チェックポイントその1 「吹き抜けのメリットとは!?」

リビングや階段部分、玄関によく利用される吹き抜けですが、非常に多くのメリットがあります。

・縦に空間が広がる開放感

1階部分の天井よりも倍に空間が広がるため、吹き抜けならではの開放感は特別なものがあります。

面積的には狭い玄関やリビングだったとしても、吹き抜けがあることで圧迫感の少ない空間にできるでしょう。

・太陽の光を取り込む採光性

吹き抜けにすると高い位置に窓を設置することができるため、外からの自然の光を取り入れることが可能です。

普通では暗かった場所でも、自然の光が入ることで全体を明るく感じることができます。

・通気性の向上

温かい空気は上にあがってくため、空気の循環がしやすくなります。

通気性の良さが特徴で、風通しの良い住まい環境がつくれるでしょう。

・家族間のコミュニケーション

リビングや階段部分が吹き抜けの場合、家族が1階と2階にわかれていてもコミュニケーションがとりやすくなります。

1階から呼んでも声が届き、お互いの様子を感じやすくすることが可能です。

 

チェックポイントその2 「吹き抜けのデメリットとは!?」

良いことがたくさんある「吹き抜け」ですが、デメリットもあるので要注意です。

・2階部分の床面積が狭くなる

2階部分を空間にするため、構造上床面積が少なくなります。

床面積を重視する場合には、吹き抜け設計はあまりおすすめできないでしょう。

・1階部分の音やニオイも2階へ繋がりやすい

1階と2階がつながっているため、例えば1階がキッチンやダイニングの場合には、テレビや会話などの音、料理のニオイなどが伝わりやすいでしょう。

・エアコン効率が悪くなる

空間が広くなるためエアコンの効きが悪くなる可能性があります。

特に冬場は、温かい空気は上にあがってしまうため、1階部分が寒くなってしまう場合があるので注意しましょう。

・家族のプライバシーが確保しにくい

コミュニケーションがとりやすい反面、家族間とは言えプライバシーの確保がしづらいでしょう。

 

 

吹き抜けにはメリットとデメリットがあり、どこを重視するのかによって取り入れ方が変わってくるでしょう。

住まい空間で重要視するポイントの優先順位をつけて、吹き抜け仕様にするか検討することをおすすめします。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top