menu

トップページ > 住宅の住み替えの流れとポイント

住宅の住み替えの流れとポイント

住宅の住み替えは、現在の物件の売却と次の新居の購入が重なり、流れとポイントを掴んでおかないとバタバタと大変になります。

ただでさえ慣れている方は少ないので、うまくいかずに余計な費用が掛かってしまったり、最終的に妥協したりしてしまう可能性もあります。

そのような後悔がないように、今回は住宅の住み替えについてポイントをご紹介します。

 

チェックポイントその1 「住み替えの流れとは?」

住み替えは関係ないと思っている方でも、住宅の劣化や家族環境の変化など、住み替えは他人ごとではありません。

まず住み替えの基本として、流れを押さえておく必要があります。

・現住宅の査定+新居探し

・現住宅の媒介契約+売却活動

・売買契約+新居購入契約

・新居ローン契約

・入居+引き渡し

売却も購入も相手があることなので、こんなうまく流れ通りにできるとは限りませんが、基本的な流れ通りにいくのが理想です。

 

チェックポイントその2 「購入と売却どちらが先?」

多くの方が悩まれるポイントが、「新居の購入と現住宅の売却どちらが先?」ということ。

どちらも間違いではありませんが、金銭面に余裕がない場合は、新居を先に購入してしまうと間違いになります。

住宅の住み替えで難しいポイントが、住宅ローンの支払いです。

先に新居を契約してしまい、現住宅の売却が決まってない場合は、2つのローンの支払いをしなくてはいけません。

支払いが大変になり、想定以上の値下げをして売却することや、不動産会社に買取を依頼するようなことが考えられます。

そのようなケースは、予定していた金額で売ることができず、後々の計画にも影響がでてきてしまいます。

 

チェックポイントその3 「失敗しないための注意点」

住み替えで失敗しないために、いくつか必要なことがあります。

特に住宅ローンに関しては、ローンの仮審査だけでも先に通しておくと、いざ物件が見つかった時にスムーズに進めることができるでしょう。

そして最悪のケースにも備えて、買取保証のサービスや即売できそうな割安価格を調べておくと安心です。

住宅の住み替えは、ライフスタイルの変化が起きる時期に重なることもあり、バタバタしていることが多いでしょう。

そのため、しっかりと計画できていなかったり、あとで失敗に気付いたりすることもあります。

住宅の購入は高い買い物となるため、後悔することのないよう進めて行きましょう。

 

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top