menu

トップページ > 規格住宅はコスパがいい?メリットとデメリットを解説

規格住宅はコスパがいい?メリットとデメリットを解説

マイホームの購入を検討している方の中には「規格住宅」という言葉を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

規格住宅とは、ハウスメーカーが用意した間取りをもとにして好みやライフスタイルに合った設備・仕様を選んで設計する住宅を指します。

全てをオーダーメイドで設計する注文住宅と比較して早く・安く家が建つということもあり規格住宅で建てるマイホームに注目が集まっています。

そこで今回は、規格住宅でマイホームを建てるメリットとデメリットを解説します。

 

メリット1「建築費用を抑えられる」

規格住宅で一戸建を建てるメリットはなんといっても建築費用の安さ。

規格住宅には「標準仕様」というものがあり基礎・工法・使用する断熱材や内装など生活に最低限必要な構造や設備の内容があらかじめ決められています。

ハウスメーカーは、屋根や壁に使用する建築資材の他水廻り・キッチンといった設備を一括で仕入れることで一軒あたりの建築費用を抑えることを可能にしているのです。

 

メリット2「完成後のイメージがしやすい」

完全オーダーメイドの注文住宅の場合、イメージしている家と完成後の家のギャップをなくすために、スケッチやCGを使用して打ち合わせを重ねます。

しかし、それでもイメージとかけ離れた家が完成してしまった、というトラブルは少なくありません。

一方規格住宅の場合は、設計士が生活動線・収納量などを考慮してあらかじめ仕様や間取りなどをプランニングしています。

そのため、完成後の住宅のイメージがしやすく、失敗しにくいという魅力があります。

 

デメリット1「選べる間取りが限られる」

規格住宅を検討する際に特に頭を悩ませるのは間取りの選択肢が限定されてしまうこと。

ハウスメーカーが用意している規格住宅の標準仕様は特に購入されることの多いファミリー層に合ったものが多いのが特徴。

そのため、お子様が多かったり、二世帯住宅を希望したりする場合は、理想に近い間取りの規格住宅はあまり多くないでしょう。

 

デメリット2「オプションを追加すると建築費用が上がる」

規格住宅には「標準仕様」がある、ということは既に解説した通りですが標準仕様からさらに理想の家に近づけるためにはオプションを追加する必要があります。

例えば、システムキッチンを最新のものに交換したり、耐震性を高めるために制震ダンパーを追加したり、といったものが該当します。

しかしながら、理想を追い求めるあまりあれもこれもとオプションを追加してしまうと、注文住宅で家を作る場合よりも、高い費用が掛かってしまうこともあるのです。

できるだけ建築費用を抑えて家を建てたいけど間取りや設備へのこだわりも捨てたくない。

そんな悩みを少しでも解消するためには多くの住宅プランを提案しているハウスメーカーを選ぶことが大切です。

 

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top