menu

トップページ > 平屋一戸建と相性がいい!太陽光発電導入のメリットとデメリット

平屋一戸建と相性がいい!太陽光発電導入のメリットとデメリット

近年、省エネへの関心の高まりから、一戸建に太陽光発電システムを取り入れるご家庭が増えてきました。

中でも、平屋の一戸建は太陽光発電と相性がいい、ということをご存知でしたでしょうか。

今回は、平屋の一戸建に太陽光発電システムを取り入れるメリットとデメリットについて解説します。

 

メリット1「発電量が多い」

平屋の一戸建は、同じ延床面積の2階建住宅と比較して屋根の面積が広く、太陽光パネルを多く設置できます。

そのため、より多くの発電量を得ることが可能なのです。

発電量が多くなると、月々の光熱費の負担を減らせるだけでなく余った電気を売って売電収入を得たり蓄電池に溜めて、非常時に備えたりしておくという活用方法もあります。

 

メリット2「メンテナンスしやすい」

太陽光発電システムは設置して終わりというわけではなく安定した発電量を得続けるためにも定期的にメンテナンスを行うことになります。

メンテナンスの際に作業員が屋根に登りますが2階建の場合は、大掛かりな足場を組む必要があります。

それに対して、平屋の場合は最小限の足場で作業ができるためメンテナンス費用を抑えることが可能です。

平屋の一戸建と相性のいい太陽光発電ですが設置する前にデメリットも知っておきましょう。

 

デメリット1「空調効率が下がる」

平屋はリビングを広く設計できる分空調効率が落ちてしまうというのが難点です。

空調効率をアップさせるためには家を設計する際に断熱素材を使用する、気密性を高める構造にする、といった方法などがあります。

 

デメリット2「周囲の建物の影響を受けやすい」

平屋は屋根までの高さがなく周囲の建物の陰になりやすいという側面があります。

そのため、家を建てる土地によっては日は出ているのに、太陽光パネルに日光が当たらない時間帯ができてしまい思っていたほど発電量が得られない可能性があるのです。

平屋で太陽光発電システムの導入を検討している場合は周辺に2階建以上の高い建物がない土地を選ぶようにし、太陽光パネルも極力南向きに設置するようにしましょう。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top