menu

トップページ > 注文住宅で家づくりをするメリット・デメリット

注文住宅で家づくりをするメリット・デメリット

理想的な間取り・憧れの設備・好みの内装をふんだんに盛り込める注文住宅はマイホームを建てる方にとって非常に魅力的です。

最初から仕様が決まっている規格住宅や建売住宅とは異なり自分だけの唯一無二の住まいが完成するためマイホームの取得方法として、多くの方が一度は検討されます。

しかし一方で、注文住宅でマイホームを建てた人の失敗談や後悔する声を目にすることもあり注文住宅で家を建てることを尻込みした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、注文住宅でマイホームを建てる際のメリット・デメリットとぜひ意識したい大切なポイントを紹介します。

 

1.注文住宅で家づくりをするメリット

1)自分好みの家づくりができる

注文住宅の魅力として最初に思い浮かぶのが「間取りや設備の自由度」という方も多いのではないでしょうか。

注文住宅においては、間取り・資材・設備・内装にいたるまで、すべてが自由。

家のすみずみまで見渡せる広いリビングにしたり、憧れの大きなシステムキッチンを導入したりと、生活スタイルや趣味に合わせて、こだわりの空間を作り上げることができます。

2)完成までの過程を確認できる

注文住宅の場合は、契約締結後に工事がスタートするため、マイホームが建つ過程を実際に目で見て確認できるというメリットがあります。

基礎部分がしっかり作られているか、手抜き工事がされていないかを見学することで安心して新生活をスタートできます。

 

2.注文住宅で家づくりをするデメリット

1)建築費用が高い

希望や好みを詰め込むあまり、建築費用が膨らんで予算オーバーになりやすいのが注文住宅の大きなデメリットです。

予算オーバーにならずに理想のマイホームを建てるには取り入れたい要素に優先順位をつけておく必要があります。

まずは「どんな家にしたいか」という要望をできるだけたくさん書き出してその中から、家族の意見が一致するものや将来絶対に必要になるものから優先順位をつけていきましょう。

優先順位を先につけておくことで、あとでカタログなどを見て決める際にただ「欲しい」という感情に惑わされずに決めることができるようになります。

2)入居まで完成がわからない

実物を見学して購入する建売住宅とは異なり完成まで実際にどのような家になるかがわからないという点は注文住宅で家づくりをする不安要素の一つと言えます。

できるだけ完成形に近い状態をイメージするためにはパースやCGを使用して打ち合わせしてくれるだけでなくお客様の要望を丁寧に聞いてくれるハウスメーカーに依頼することが大切です。

注文住宅は信頼できるハウスメーカーで自由度が高い分、不安要素も多い注文住宅での家づくりはいかに信頼できるハウスメーカーを見つけるかが重要です。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top