menu

トップページ > 家づくりを始める前に知っておきたい税金の話

家づくりを始める前に知っておきたい税金の話

家づくりを始めるにあたり、心配になるのが税金についてです。
手続きを間違えたり、支払わないで放置していたりすると、追徴課税というペナルティーを受けたり、最悪の場合脱税とみなされるケースもあるので、確実に手続きと支払いをしたいものです。

 

家を建てる際には、以下のような税金がかかります。

 

① 不動産取得税

不動産(土地・建物)を新しく取得した際にかかる税金で、不動産の評価額によって税額が決まります。県税なので県税事務所が管轄しています。

 

② 登録免許税

不動産を登記簿に登記する際にかかる税金です。こちらも土地と建物の評価額に応じて税額が決められます。国税なので、所得税などと同様、国税庁に納めます。

 

③ 印紙税

売買契約書を作成するときに必要な税金で、売買契約書に印紙を貼ることで納めます。契約書に記載されている金額(取引金額)に応じて税額が異なります。こちらも国税です。

 

④ 固定資産税・都市計画税

こちらは家を建てた後にも発生する税金です。すでに家や土地を持っている方なら現在も毎年支払っているかと思います。地方税で、市町村が所管となります。

 

他にも土地を相続して家を建てる場合には相続税が、住み替えで古い家や土地を売却して利益が出た場合には所得税が発生するなど、家を建てる際には多くの税金が必要です。

 

時期や自治体によっては軽減税率が適用され、税金が安くなる場合もありますし、家づくりには欠かせない知識です。間違いがないよう、しっかりと税金のことも頭に入れておきましょう。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top