menu

トップページ > 光触媒効果でキレイ長続きする外壁材「光セラ」

光触媒効果でキレイ長続きする外壁材「光セラ」

家を建てた後の外壁は年月と共にもちろん汚れていきます。
雨や風だけではなく、排気ガスなども外壁の汚れの原因となります。
外壁は定期的なメンテナンスが欠かせない場所でもあります。

 

では、外壁のメンテナンスはどのように行えばよいのか。
何と、外壁自体が自分で掃除をしてくれる壁があるのです。
それが光触媒効果でキレイが長続きする光セラの外壁です。

 

光セラは「光触媒= 酸化チタン」に太陽光(紫外線)があたることで生まれる、有機物を分解する「分解力」と、水に非常になじみやすい「超親水性」が素材の特徴です。

 

日中に付着した汚れを光で分解し付着力を弱め、水になじみやすい特性(超親水性)を生かして、雨水で汚れを浮かして洗い流せます。さらに、有害汚染物質を無害なイオンに酸化させ、雨と一緒に洗い流します。
光セラはメンテナンス不要のセルフクリーンニングが魅力の外壁材です。

 

最近では汚れを落としてくれる防汚素材を使用した壁材が増えています。
ナノテクノロジーを使い雨と一緒に汚れを落とす技術や、光が当たることで有機物を分解し、同時に超親水性を発生させ汚れを落とす光触媒技術。
また、カビのつきにくい親水性フッ素コートもあります。

 

家を建てた後のメンテナンスを考慮した上で、外壁を選んでみても良いかもしれません。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top