menu

トップページ > 知ってトクする!住宅用語「宅地」と「分譲地」

知ってトクする!住宅用語「宅地」と「分譲地」

「家を建てよう!」と思ったとき、まずは様々な情報収集から始められる方が多いかと思います。
そんなとき、「これってどんな意味?」「似たような言葉だけど、何が違うのかわからない…」なんて用語はありませんか?

 

今回はその中から土地用語の「宅地」「分譲地」の用語を解説します。

 

まず、家を建てられる土地には、「宅地」と「分譲地」があります。
「宅地」とは、土地の登記記録に記載される地目(土地の用途による区分のこと)のひとつです。
地目は23種類あり、その中で「宅地」は「建物の敷地及びその維持もしくは効用を果たすために必要な土地」と定義されています。
また「分譲地」とは、不動産会社などが大きな土地を複数の土地に分けて区画整理し、宅地用に販売している土地のことです。

 

メリットとデメリット

 

●宅地

 

<メリット>
施工業者の選択ができ、建築についてじっくり考えられるということです。

<デメリット>
電気・ガス・水道の引込み費用負担が土地の購入者となることや、隣家との境に段差がある場合は擁壁(ようへき:崖などの崩壊を防ぐための「土留め」)を土地の購入者が費用を払って工事する場合もあるということです。

 

●分譲地

 

<メリット>
電気・ガス・水道は敷地内に引き込まれた状態で販売されているところです。
擁壁が必要な場合は、擁壁が設置された状態で販売されていますし、隣との境界もはっきりと決められています。

<デメリット>
施工業者が決まっている場合が多いため、この会社で建てたい!という願望は通りにくい可能性もあります。(このような土地は「建築条件付き土地」、と呼ばれます)

 

難しい用語が多いかもしれませんが、ひとつひとつの意味を理解して、後悔しない土地選びをしていきましょう。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top