menu

トップページ > 新築戸建の住宅購入に必要な手続きと費用

新築戸建の住宅購入に必要な手続きと費用

家族構成の変化やライフスタイルの変化によって、住まいの変化が出てくることが一般的ですよね。

しかし、初めて家を購入する場合には、右と左もわからず不安を抱える方が多いでしょう。

そのためにも、必要な手続きの流れや大切な費用について、知識だけでも身に付いていると、とても安心です。

今回は新築戸建の住宅購入に関わる、重要なポイントをご紹介します。

 

チェックポイントその1 「購入までの流れ」

新築戸建住宅を購入するまでには、いくつかの項目があります。

建売住宅か注文住宅かで違いはありますが、下記のような流れが一般的です。

1.購入したい物件が見つかったら、まずは申し込み

2.住宅ローン審査

3.契約

4.引き渡し

大まかにはこの4つが大きな項目であり、不動産購入の基本的な流れです。

注文住宅で土地と上物の購入が異なる場合には、項目が増えてきます。

チェックポイントその2 「手続きに必要な費用」

支払いのタイミングは物件によって異なりますが、物件価格以外に「諸費用」と呼ばれるものが必要になります。

お金の準備はすぐにできるものではないため、早めに準備しておくようにしましょう。

1.印紙代(契約書に貼り付けする印紙費用)

2.仲介手数料(仲介会社を挟まない物件であれば、必要ありません)

3.登記費用(物件所有を登記するために司法書士に依頼する費用)

4.火災保険料(火災保険・地震保険など)

5.住宅ローン保証料(住宅ローンを組む際に掛かる費用)

6.住宅ローン印紙代(金融機関との契約書に貼り付けする印紙費用)

7.住宅ローン手数料

このような項目が諸費用と言われるもので、合計額が物件価格の5%~10%が一般的とされています。

チェックポイントその3 「諸費用以外にも必要な費用」

諸費用を支払って一安心といきたいところですが、

引き渡し後にも掛かる費用があるので、忘れずに覚えておきましょう。

・引っ越し費用

・不動産取得税(不動産を取得したことによる税金が発生)

引っ越し費用は、荷物の量にもよりますが家族4人分くらいになると10万~20万くらい掛かってきます。

大きな金額となるため、忘れないようにしましょう。

不動産取得税は、引き渡し完了後の半年~1年半後くらいに通知が送られてくるので、忘れてしまう方も多いです。

物件によっては、ある一定の条件を満たすと軽減措置が受けられる場合もあるので、確認しておくと良いでしょう。

 

 

マイホームを買うには、事前に計画性が必要です。

計画をするためにも、どのような流れで物件を購入して、どのような費用が掛かるのか知っておく必要があります。

余裕を持った買い物ができるように、知識を身に付けておきましょう!

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top