menu

トップページ > オール電化にしたい!メリット・デメリットをご紹介

オール電化にしたい!メリット・デメリットをご紹介

多くのマンションや戸建て住宅に取り入れられているオール電化

これまでオール電化ではない家で暮らしていた場合、「実際どうなの?」と気になるところでもあります。

便利といわれているオール電化ですが、その特徴を知らないまま取り入れるのも不安ですよね。

今回はオール電化の特徴についてお伝えします!

 

オール電化とは

オール電化とは、住宅で使用される調理器や空調機、給湯器といったものを全て電気で稼働するシステムです。

イメージあるかと思いますが、ガス式と大きく異なるのがキッチン・給湯。暖房の3つです。

キッチンではIHクッキングヒーターを使用、給湯はエコキュートや電気温水器を使用します。暖房は、ガスや灯油を使わず、給湯と同じようにエコキュートを利用して床暖房や暖房機器を使用します。

このように住宅の中でガスや火を使っていた部分が、電気の熱によるシステムに変化します。

 

メリット

そんなオール電化のメリットは特に家計面、安心面にあります。

1.家計

ガスと電気を、電気に一本化することで、それぞれに支払っていた基本料金をまとめることができます。

また、電気の単価が安くなる夜間の時間帯に電気を蓄電する仕組みにより、お湯や暖房にかかる料金を抑えることが可能です。

2.安心

火を使わなくなるので火災リスクが減り、ガス漏れなどの心配もありません。

また、万一災害でライフラインが止まってしまった場合、エコキュートや電気温水器のタンク内には水が溜まっているため、生活用水として一時的に利用することができます。加えて電気は比較的復旧の早いライフラインですので、オール電化は災害時にも比較的有効といえます。

 

デメリット

導入するときの設備費用は安くはないため、設備コストはデメリットといえるでしょう、本体費用に加えて、工事費用もかかります。

また、電気料金も使い方次第ではデメリットとなり得ます。オール電化の料金プランは、夜間の電力使用や蓄電にはコストが安くなりますが、昼間は割高に設定されています。夜間の蓄電が使えない分は節約のメリットが活かしきれないでしょう。

オール電化は現代的であり、大きなメリットがありますが、設備コストや日中の電気料金など検討すべき点もあります。

「オール電化ってどうなの?」という疑問に対しては、メリットを活かせるライフスタイルかどうかが重要ではないでしょうか。ご自身の生活にオール電化が馴染みそうかどうか、ぜひご検討ください♪

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top