menu

トップページ > 住宅ローンの思わぬ落とし穴!

住宅ローンの思わぬ落とし穴!

家が欲しい、と思ったら同時に進めなければならないのが資金計画です。家を建てるにはハウスメーカーに注文しなければなりませんよね!

その資金をどのような形で準備をするか?

このことが解決できなければ、家づくりを進めていくことができません。

 

家の資金計画といえば、大きく分けて現金か住宅ローン(融資)の二通りになります。

 

住宅ローンを検討されている方へ

<お借入れ状況をチェック>

住宅ローンの審査時には、年収と現在の借入状況が確認されます。

借入と聞くと「借金や消費者金融でのキャッシング等」を想像される方も多いのではないでしょうか。

ここでお伝えしたいのが、自動車ローンやカードローン、はたまた銀行のブライダルローン等も借入として含まれることです。

家の購入前に、車を新しく購入(自動車ローン)した場合、その残高が新しく借り入れる住宅ローンの審査に影響します!

 

仮に、年収500万円の方が住宅ローンの事前審査で3500万円まで通っていて、もし自動車ローンが500万円あった場合、

住宅ローンの借入額は3000万円になってしまうことも多々あります。

この減額によって

・家を買うことができない

・プランを小さくしなければならない

・選べる土地を厳選しなければならない

というようなことが考えられます。

様々なケースによって個人差がありますが、家の購入を考え出した時点から、ローンを借り入れた高額購入には要注意です!

このあるあるネタは本当に多いんです。

 

 

家を購入する際には、物件価格以外に諸費用や引っ越し費用、不動産取得税などの費用も掛かります。

無理をした資金計画をたてては、購入後に余裕のない生活となってしまいマイホームでの暮らしを思う存分楽しむことができません。

これは大丈夫かな?と不安に思うことがあれば、ハウスメーカーやプランナーにご相談してみてください。

理想の暮らしを叶えるために、資金計画もしっかりと進めていきましょう♪

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top