menu

トップページ > 内観のイメージに悩んだら参考にしたい!<色味の印象>

内観のイメージに悩んだら参考にしたい!<色味の印象>

「ダーク・ミディアム・ライト」どの組み合わせがお好みですか?

家の内装に迷われる方、結構いらっしゃいます。

同じフローリングでもダーク系・ミディアム系・ライト系の選択によって印象は全く異なります。

さらに建具でどのような色味を合せるかによって、さらに多様な印象になります。

今回は実際の組み合わせ例をご紹介しますので、ぜひ色の選択に迷ったときの参考にしてください♪

 

1.色味の印象の違い

色によって受け取る印象は大きく異なります。

「ダーク系」は重厚感のある空間が好きな方にオススメです。クラシカル、ラグジュアリーという言葉がぴったりなイメージになります。

「ミディアム系」は濃さと明るさのバランスがとれた色なので、落ち着いた空間にすることができます。幅広い年代から人気がある色です。

「ライト系」空間を広く見せたい場合は軽やかなライト系がオススメです。上品なイメージになります。

 

2.床と建具を同一カラーにした事例

ダーク×ダーク シック、上質感、落ち着きがあります。

 

ライト×ライト ナチュラルでやさしく、柔らかいイメージになります。

 

 

ホワイト×ホワイト シンプルですっきりとした、清潔感ある印象になります。モダン調にもカントリー調にも合います。

 

 

3.床と建具を異なるカラーにした事例

ダーク×ミディアム 上品でやすらぎある空間になります。

 

ダーク×ホワイト クール、スタイリッシュ、都会的なイメージになります。

 

ミディアム×ライト ナチュラルモダン、上品で明るいイメージです。

 

ライト×ミディアム 明るさも落ち着きもあります。飽きがこないイメージです。

 

ホワイト×ライト シンプルで木の温かみがあります。

 

ホワイト×グレー オシャレで、カフェ風(ナチュラル)にもモダンにも合います。

 

色の組み合わせによるイメージが伝わりましたでしょうか?

どんな雰囲気で過ごしたい部屋なのか、どういった家具を置きたいのか等、イメージを膨らませて納得のいく色選びを目指しましょう♪

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top