menu

トップページ > 住宅ローンで気を付けたいポイント<転職・クレジット編>

住宅ローンで気を付けたいポイント<転職・クレジット編>

住宅ローンを検討する際に「転職」や「クレジットカード」の話がよくでてきます。

住宅ローンは金融機関の審査によって決まるため、仕事が長く続いてなかったり、クレジットカードの支払いが遅れたりすると非常にマイナスポイントです。

しかし、具体的にどのようになるとマイナスなのか理解している方は少ないでしょう。

今回は、住宅ローンで気を付けたい転職とクレジットカードのポイントをご紹介します。

 

チェックポイントその1 「クレジットカードの使い方に要注意」

キャッシュレスが推奨されてきているため、多くの方がクレジットカードやスマホ決済を多様化している時代です。

きちんと支払いができていれば、継続的な支払い能力として金融機関からの信頼度としてプラスになります。

しかし、支払いを遅れた実績があると金融機関の評価に響く原因であり、それが例え1回でもです。

「1回くらいなら大丈夫かな」と思っているかもしれませんが、金融機関にはしっかりとわかってしまいます。

特にキャッシングの滞納やリボ払いの残高には要注意。

見落としがちなのが、携帯端末の支払いを払い忘れてしまう事です。

毎月のスマホ請求代に含まれているので端末代と意識していない方も多いですが、この払い漏れがあるとローン返済ができていないと見なされるので注意しましょう。

 

チェックポイントその2 「住宅ローン前の転職に要注意」

住宅ローン審査の基準で「勤続年数」があります。

金融機関は長い期間のローン審査をするため、勤続年数も審査する上で大きなポイントです。

そのため、住宅ローン審査中はもちろん、申し込み直前の転職もよくありません。

できれば転職してから2~3年後に住宅ローン審査がおすすめです。

金融機関によっては、勤続年数1年くらいでも大丈夫なケースもあるため、複数の金融機関で相談してみると良いでしょう。

 

チェックポイントその3 「住宅ローンを組む前の心得え」

欲しい住宅が見つかるタイミングは、いつでもあるものではありません。

欲しい物件が見つかった時に、すぐに購入の段取りが進められるよう、「転職のタイミング」や「クレジットカードの使い方」を見直しておきましょう。

クレジットカードを無駄に多く保有している場合には、整理をしてメインのカード+もう1枚くらいに絞れると良いです。

転職して間もない場合やカード支払いの滞納があった場合には、審査が厳しくなることを頭に入れておきましょう。

 

 

住宅ローン審査は、「自分の信頼度=借入金額」です。

信頼度は今までの支払い状況や勤怠の実績を見られ、これからの支払い能力を判断されます。

しかし、過去に支払いを1,2回滞納してしまったからと言って諦めることはありません。

それ以降しっかりと支払いができている実績があれば、金融機関によって審査が通ることもあります。

 

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top