menu

トップページ > お家の第一印象を決める外壁選びのポイント

お家の第一印象を決める外壁選びのポイント

お家の第一印象はまずは外観で決まります。

外観のデザインはもちろん、その中でも外壁の色味や質感などで雰囲気を感じるでしょう。

外壁は雨や風などから守る耐久性、長期間住めるメンテナンスのしやすさなど、第一印象だけでなく機能性としても大切なポイントです。

今回は、外壁選びのポイントをご紹介します。

 

チェックポイントその1 「色で印象が決まる」

パッと見て一番印象を変えるのは「色」。

明るい色合いであれば、アクティブな雰囲気でカジュアルさやスポーティーな印象を感じることが多いです。

暗めの色合いであれば、モダンで重厚感のある雰囲気や落ち着いた印象になるでしょう。

色を選ぶ注意点としては、サンプルを見る際には太陽光に当てて確認しないと、実際外で見る色合いが掴めません。

外の光を照らして確認をするようにして、隣接した住宅の色合いから大きくかけ離れている場合には、周辺住宅の雰囲気にも影響するためよく考えて決めましょう。

 

チェックポイントその2 「素材感やツヤ感も重要なポイント」

色味と同じく雰囲気に大きく繋がるポイントが「素材感」「ツヤ」。

同じ黒でも、ザラザラした材質の黒と、ツルツルとした材質の黒では、色の見え方も異なり雰囲気も変わります。

ザラザラとした質感の場合は、マット感が出て落ち着いた印象になりやすいでしょう。

ツルツルとした材質はツヤ感が出るため、同じ色で明るい印象に感じやすいです。

色味だけでなく、外壁の素材感やツヤ感もうまく利用して選ぶと良いでしょう。

 

チェックポイントその3 「代表的な外壁の種類とは」

・サイディングボード

窯業系、金属系、木質系といった種類も豊富で、デザインやコストメリットにも優れています。

 

・モルタル

古くから日本の家屋に使われている伝統的な外壁仕様。

高級感のある和のスタイルによく使われています。

 

・タイル

メンテナンスもラクでデザイン性や高級感のあるタイル外壁。

地震に弱い特徴もあり、初期費用は高めです。

 

・ガルバリウム

鉄板素材のガレージのような外壁。

断熱性が弱いため住宅仕様は少ないですが、おしゃれな雰囲気を醸し出します。

 

・鉄筋コンクリート

コンクリート打ちっぱなしで、デザイナーズ物件などで使われるケースも多いです。

防音性や耐火性にも優れた特徴があります。

 

 

外壁と言ってもさまざまな種類があり、色味だけで決めることはできません。

どんな色や素材でも、直接屋外の太陽光の下で確認することをおすすめします。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top