menu

トップページ > 相続税対策でなぜ不動産が買われるのか!?

相続税対策でなぜ不動産が買われるのか!?

近年の不動産市場活性化の背景の一部として、相続税対策が注目されていました。

人によっては子供や孫に向けて、多くの資産を残しているケースもあるでしょう。

そして相続するタイミングというものは、多くの方は予定があるものではありません。

突然の相続の可能性もあるため、相続税に対する知識を持っておくと安心です。

今回は、相続税対策と不動産の関係をご紹介します。

 

チェックポイントその1 「相続税の基本とは?」

最初に押さえておきたいのが、相続税の基本です。

なんとなく理解している方も多いと思いますが、「亡くなった方の財産を相続し、それに対して税金がかかる」というところまででしょう。

一般的には、親が亡くなり子供が遺産を相続することが多く、その遺産総額が基礎控除額を上回ると相続税が発生します。

そのため、基礎控除額以内の相続であれば、相続税は発生しません。

基礎控除額の計算式は、

「3,000万円+(600万円×法廷相続人の数)=基礎控除額」

とされています。

法定相続人とは、血縁関係者などその順番は決まっており、遺言書がある場合にはそれに準ずる形です。

この計算式でいくと、法定相続人が1人であれば、3,600万円が基礎控除されます。

 

チェックポイントその2 「不動産購入が相続税対策になるのか」

相続税対策で不動産を購入する理由の第一は、節税になる相続方法だからです。

相続は不動産以外にも現金や株式を始め、いろいろなものがありますが、例えば現金5,000万円を相続したら5,000万円すべてが課税対象となります。

その他の不動産や株式といった場合には、評価額という時価で算出され、不動産の場合は建物の固定資産税評価額と土地の路線価を基準に評価額が決まります。

固定資産税評価額や路線価は、実際の価格よりも7割~8割で評価されるため、実際の購入価格よりも下がるため節税が可能です。

現金と同じ5,000万円の土地と建物を相続したとしても、70%の評価額となった場合、3,500万円の評価額となるため、現金と1,500万円の差がでてきます。

 

チェックポイントその3 「将来を考えた相続税対策」

不動産にして相続をすることは、大きな節税対策になることは間違いありません。

子供や孫に負担をかけないためにも、将来的な相続税対策を考えておくことはとても大切です。

急な相続では、準備しておく期間もなく、せっかくの相続が無駄な相続の仕方になってしまう可能性もあります。

相続を不動産にすることで、大きな節税になることは嬉しいポイントです。

相続の仕方で損得が出てしまうので、節税できる部分はしっかりと行い、将来のことを見据えて準備しておくと良いでしょう。

 

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top