menu

トップページ > リビングを2階にするメリットとデメリットとは!?

リビングを2階にするメリットとデメリットとは!?

ここ最近は、コンパクトな敷地の戸建て住宅が増え、2階建てはもちろん3階建ても当たり前のようになってきました。

そこで多くの方が悩まれるのが、間取りの決め方です。

特にリビングは家の中心であり、家族団らんができる重要なポイント。

今回は、2階にリビングを設置する場合のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

チェックポイントその1「2階にリビングのメリットとは?おすすめのタイプ」

昔のリビングと言えば、玄関を入って1階にあることが当たり前という状況でしたが、コンパクト設計になっていることもあり、最近は2階にリビングを設置するケースが非常に多いです。

2階にリビングをおくメリットは下記の4つです。

 

・日当たりが良い

1階よりも上部になることで、近隣の建物の障害を軽減することができ、日が入りやすくなります。

・プライバシーを確保しやすい

1階部分は通行人など家の前を通るだけで目に入ってしまいます。

2階にリビングがあることで、外の目からのプライバシー性を確保することができるでしょう。

・通気性がよく開放感がある

2階部分は天井の高さもとりやすく、開放感のある空間にしやすいです。

バルコニーも設置すると、より通気性や開放感を得やすくなります。

・耐震性の対策にもしやすい

2階にリビングをおいた場合、必然的に1階部分に浴室やトイレ、個室が多くなります。

1階部分に個室が多くなることは、耐震性の強さも増して地震対策になるでしょう。

 

チェックポイントその2「2階リビングのデメリット」

2階にリビングをおくことによるメリットも大きいですが、デメリットもあることを覚えておきましょう。

2階にリビングをおくデメリットは下記の3つです。

 

・子供の帰宅がわかりにくい

子育て世代の方がよく悩まれるポイントです。

1階にリビングがある場合、帰ってきたことがわかりやすいですが、2階のリビングだと気付かないこともよくあります。

コミュニケーションの取り方も考えておく必要があるでしょう。

・夏場は暑くなりやすい

日当たりがよくなる反面、夏場は熱がこもって暑くなってしまうこともあります。

2階建ての場合は、2階部分が最上階となるため、断熱性能を取り入れた暑さ対策が必要です。

・階段の上り下りがある

リビングが2階ということは、生活の中心が2階になります。

何か買い物をしてきても、2階まで運ぶことが多いでしょう。

若いうちは良いですが、年齢とともに2階への上り下りが大変になる可能性があります。

 

 

2階にリビングをおくことで、メリット・デメリットはさまざまですが、各ご家庭のライフスタイルによって正解は異なります。

生活の動線や間取りのバランスを見て決められると良いでしょう。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top