menu

トップページ > 私に合うキッチンはどんなデザイン?どんな機能?快適性を決める重要なポイント

私に合うキッチンはどんなデザイン?どんな機能?快適性を決める重要なポイント

キッチンの快適性は、その家を好きになるかならないかを左右するくらい重要なポイントになります。

なぜなら、キッチンは毎日料理をして、毎日洗い物をする重要な場所だからです。

どのようなデザイン、どのような機能のキッチンがアナタに合うのか知る必要があります。

今回は、キッチンの快適性を決めるポイントをご紹介します。

 

チェックポイントその1「キッチンのタイプ」

キッチンは同じように見えて、タイプはさまざまです。

まず大きく変わるのは「キッチンの形状」であり、大きくわけて6つの形状があります。

 

・I型

シンクとコンロが一体型になった一番定番のキッチンタイプ。

スペースは広くないですが、無駄な動きが少なく家事ができるタイプです。

・Ⅱ型

洗うスペースと調理するスペースが2つにわかれているレイアウト。

ひとつひとつの作業を広いスペースでできるため、余裕を持てるキッチンタイプです。

・L字型

コーナーをうまく利用したキッチンレイアウト。

コーナーを利用して家電製品や調理器具が置きやすい形状です。

・U字型

L字型が大きくなったタイプのU字型キッチン。

調理スペース、洗い物スペースともにゆとりある空間を実現できます。

・アイランド型

壁に面さず、島のように孤立したキッチンタイプ。

デザイン性が高く、オシャレなキッチンスペースによく利用されています。

・ペニンシュラ型

アイランド型に似ていますが、一辺だけ壁についたレイアウトです。

アイランドの特徴と、定番のキッチンタイプを組み合わせたタイプになります。

 

チェックポイントその2「体型に合ったキッチンの高さ」

キッチンは広さが気になりますが、それと同じくらい重要なのがキッチンの「高さ」です。

キッチンに立つ人の身長によって、キッチンの天板までの快適な高さは異なります。

低すぎては、調理や洗い物の時にかがむことになり、腰を痛めやすくなるでしょう。

反対に高すぎる場合には、腕をうまく使うことができず、肩や背中を痛めやすくなってしまいます。

キッチンの高さは後からでは変えにくいため、最初にしっかりと決めるようにしましょう。

自分に合うキッチンを見つけるには、レイアウトやサイズ感だけでなく、デザイン性や設備などもどう取り入れるかが大きなポイントです。

 

 

楽しく家事をするためにも、自分が気に入った環境であることと、明るく楽しめる空間であることが大前提。

毎日使うキッチンだからこそ、細かなところまでしっかりに見ることをおすすめします。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top