menu

トップページ > IOTを取り入れた近未来の家とは?暮らしはどう変わる?

IOTを取り入れた近未来の家とは?暮らしはどう変わる?

住宅業界もテクノロジーが進み、IOTを取り入れた住まい環境が注目されています。

あらゆるものがインターネットを通じて、生活の一部に浸透してきており、大きな変化が出てきた時代です。

IOTを取り入れることで、近未来の住宅はどのように変わるのでしょうか?

今回は、IOTを取り入れた住宅の住まい環境についてご紹介します。

 

チェックポイントその1 「IOTの種類とは?」

IOTとはスマートフォンを中心にインターネットで繋がったあらゆるものが増え、私達の生活を大きく変えて行く存在です。

IOTと一言で言っても、生活に影響がでている社会的な背景はさまざまあります。

 

・新時代の家電製品

自動で掃除ができるロボット掃除機、自動で料理ができる自動調理器など、家電製品の性能が年々進化してきています。

その他、遠隔操作や防犯や防災にも、スマート機能が搭載されるものが増加傾向です。

・5Gの通信技術の進化

近年スタートした通信技術の5G。

通信速度の速さで注目を集めていますが、今までインターネットに繋がっていなかったものもネットワーク化して通信できるようになりました。

家電製品や車、健康機器に繋がるようになっています。

・AI機能

今や、多くの家電製品を始めAI機能が搭載されており、動作の感知や音声によるコントロールなどがどんどん進化しています。

代表的なものはスマートスピーカーや防犯セキュリティー、スマートキーなど身近な存在として活用が進んでいるでしょう。

 

チェックポイントその2 「IOTで住まいはどのように変わるのか」

IOTが住宅機能に普及されることで、私たちの生活も時代に合わせて変化しています。

特に下記の4つのポイントが注目を集めています。

 

・介護支援

ヘルパーや離れて暮らす親族による見守り機能や、緊急時のサポートがしやすくなっています。

・健康管理

体重や脈拍、血圧など基礎健康の管理を簡単にできるようになります。

スマートウォッチの普及が増加傾向です。

・家事サポート

家電製品がスマートフォンで操作できるようになるなど、ネットワーク化が進んでいます。

家事のサポートだけでなく、子育てのサポートもIOT化が期待されています。

・ホームセキュリティー

スマートロックやスマートキー、防犯センサーなどセキュリティー面でのIOT化も著しく進んでいます。

 

 

住宅へのIOT化は利便性を高め、これからも新しい技術や製品が開発されていくでしょう。

人によってはIOTになかなか馴染みのない人もいますが、うまく取り入れることで日々の生活を新時代に適したライフスタイルにしていくことができます。

  • line
  • シェア
  • Eメール

back

page top